トップページ アダルトチルドレンとは プロフィール カウンセリングのQ&A 体験された方々の声 お問い合わせ リンク集
生まれてきてくれてありがとう 心痛むあなたへ さくらみるく
フォントを大きくするフォントを小さくする
上のアイコンをクリックして文字サイズが変更できます
【澤谷 鑛/さくらみるく
セミナーCD
ただ一度だけの人生を
あなたらしく
幸せに生きるために】

【澤谷 鑛/さくらみるくセミナーCDただ一度だけの人生をあなたらしく幸せに生きるために】 オーディオCD2枚(約120分)
価格:¥6,500.

お申し込みはこちらから。
サポーター募集 ただ今、さくらみるくの活動をサポートしてくださるボランティアを募集しています。 できるときにできることで、あなたのお知恵、お力、感性をお貸しください。 お問い合わせ、お申し込みはこちらから。

«前の記事へ
»後の記事へ

2011.11.11

「あなたは誰ですか?」~ジャーニーワークショップインテンシブ体験談その2

(2011年10月18日のmixi日記より)

二泊三日のジャーニーのワークショップインテンシブでは、
一日目が「感情の旅」二日目が「身体への旅」というプログラムで進みます。

一日目には自分自身の感情に向き合います。
抗わずに、時には耐え難い感情の只中、真ん中に留まり続けて感じ尽くすことをしながら感情の階層を降りて行き、自分自身の源、本質にたどり着くというものです。内なる平和や喜びにたどり着いてから、更に二層降り、深みに至ります。
誰でもその体験を導けるよう、読むだけで事足りるスクリプトが用意されており、全員がその意味と読み方の注意を受けたあとは「さあ、皆さんでやってみましょう」と丸投げされます。もちろんトレーナーは巡回して、アドバイスをしてはくれますが、ずぶの素人になんと乱暴なことをさせるのかと最初は驚きました。でもこれが、大丈夫なのですね。
ワークの進む時間には非常に個人差があり、夕方から始まったワークは終了時間の19時半を大幅に過ぎ、わたしたちのペアが終了した21時過ぎになってもまだ終わらないペアが部屋に残っていました。しかし、ほとんど全員がこの日の夜に、それぞれの困難やブロック、恐れを乗り越え、たくさんの涙を流して自身の源に至られました。

そして、二日目の午前は、前日に源に至ったその体験、その状態の上に重ねる形でお互いの美しさをより強く確認し、心に刻み込むワークをいくつも行いました。部屋中に満ちる静けさと愛の空気の中でひとりひとりが自分の源を感じつくし、他人の中にある源を感じ、愛を送りました。

それらいくつかのワークの中でも最初に行ったワークをご紹介したいと思います。これは歴史ある、昔から使われている簡単なワークで、自分の本質にアクセスするためにあるたくさんのワークの中では最も古く最もシンプルなものだと言われているのだそうです。

それは、「あなたは、誰ですか?」と問い続けるワークです。一日目で全員が経験した内なる平和がそれぞれの心の中で生き生きと蘇り、部屋中に満ちる満ち足りた静けさの中で進んだ、美しい美しいひと時でありました。

「あなたは、誰ですか?」

このテーマについては、以前も記事を書いたことがありました。
事故で死ぬ前に、落ちていく意識の中で
「お前は、誰だ?」と問いかけを受けた女性の話です。
良かったら、ここでいったんこの記事を読むのは止めて
こちらの、特に前半部分をぜひ、お読みください。^^
http://sakuramiruku.seesaa.net/article/149143406.html

その記事を出したときには、わたしにもこの問いの答えはわかりませんでした。しかし昨日は、その頃よりも理解を深めている自分がいました。

問いかけの声を満足させられる答えではないかもしれない。
でも、名前でも仕事でも性別でもないところの自分の存在を感じていた。

講師いわく「どっぷり漬かっているか、つま先を入れた程度であるかという程度の差こそあれ」、会場の参加者全てが、誰に教えられなくても自分が満ち満ちた欠けるところのない存在であることを感じ、それが、肉体も時間も越えた永遠のものであることを知っていたことは、後でひとりひとりが発表した答えに如実に表れていました。

なぜ、誰に教えられなくても
皆が同じ本質を感じることができたのでしょうか。
そこに、深い真実を見たような気がしました。

あなたも、ご自身に問うてみてください。

「あなたは、誰ですか?」

会場で出たどの答えも、独立してはおらず完全に一致していました。
お一人お一人がお教えくださったお名前、ご性質のお答えを、
次の日記でシェアしたいと思います。

次の記事を読まれる前に、ご自身でも考えてみてくださいね。
先ほど記事内で引用した記事の前半は、大きな参考になるかと思います。

ジャーニーインテンシブ

«前の記事へ
»後の記事へ